Pocket

 
 
あなたにしかないブルーオーシャン市場を創り
売りこまなくても『欲しい』と言われる、フルコミ営業コンサルタント
   

1 略歴

 

プロフィール

個人事業主から会社員の方までフルコミ営業マンのアドバイザー。
独自の売りを引き出し、売らずに欲しいと言われるあなただけの ブルーオーシャン市場をつくり、見込み客からリピーターまで リストに困らない基礎作りをするエキスパート。

約20年に渡り、営業の世界に従事する。
2000年、ある社長との出逢いによって自分の可能性を信じ現場仕事からフルコミ営業に転職し独立する。 3年間の下積みを経て、日給1万円の会社員から月商5000万を達成! 本気の努力は必ず報われる! 1万人以上の人に出会い実践で培ったノウハウを一人でも多くの フルコミ営業マンに提供したいと思い活動中。

モットーは 本気の努力は必ず報われる!
教えるではなく、気づいてもらう!

メディア

Facebook

twitter(@kazukiarai0603)

ご挨拶

サイトを閲覧いただき、ありがとうございます。

個人事業主から会社員の方までフルコミ営業マン向けのサポートをしています。ビジョンは、3年後の自分にワクワク出来るようになるです!お客様の悩み解決をすることが営業の基本だと思います。営業は多くの人と出会いそしてニーズに合ったものを提供していく。満足してもらったお礼にありがとうの感謝をいただける。仕事を通してありがとうの貯金を増やし自己成長と共に、個人・法人・社会に対して価値ある本物を提供していくのが私のミッションです。

2000年フルコミ営業の世界に入った年です。理由は簡単、稼ぎたかったからです。とは言うものの、そんな簡単に稼げるはずもありません。前職は建設会社で働き、そのまた前前職はトラック長距離運転手です。スーツを着る機会は結婚式か葬式ていどでした。人には挨拶できない、声は小さい、目つきもよくない、無い無いずくしで、まず始めに覚えたのはネクタイの結び方からでした。

体を使う仕事からお客様と関わる仕事へと全く違う職種に戸惑いながら、先の見えないトンネルで光を探しながら歩いているような感覚で約1年過ごしました。仕事が変わると関わる人見える景色も全く違ってきます。それなりに充実していた毎日から、ストレスだらけの毎日に変わってきていました。自分の想い描いていた理想とはかけ離れすぎた現実でした。

今の自分にできることを、本気でやる!出来ないことを悔やむよりも出来ることからやっていく。コツコツの積み重ねが結果に繋がると信じ2年間結果の出ない日々が続きました。継続は力なりとは、よく聞きますが当時の私は継続にも限界があると思えていました。

転機は先輩からのたった一言!学ぶの根源は真似る!です。私が上手くいかなかった理由は自分流だったからです。アドバイスはもらっていたにも関わらず自分流の解釈になってしまい頑張っていても頑張りかたを間違えていたため結果が出ない。自己流は事故る!ことを知りました。仕事が変われば考え方も行動も大きく変わってきます、その業種で結果が出ている人の考え方・やり方を真似ることが一番の近道でした。

2年間の仕事が3年目でコツを掴み、仕事の導線が見え始め点から線へそして面へと変わってきました。3年間で基礎作り。4年目で実績を積み5年目で大きな花が咲く。日給1万円時代の会社員から月商5000万円を達成することができました。

今では、フルコミ営業の枠を超えて部下育成の相談、良好なコミュニケーションの取り方、セミナー講師としての話し方など、実践から学んだ経験をもとに幅広くサポートさせていただいております。

過去の自分

「あなたは、過去の自分は好きですか?」 と聞かれたらいかがでしょう?
私の答えは、今は好きになりました。です
過去の延長線上に今の自分があるのは間違いありません。

もしドラえもんがいたら、
どこでもドアで中学生に戻り必死になって英語の授業は寝ないで勉強します。

10代20代だった頃の私は面倒なことは一切やらない、楽しいことしかやらない。
よく言う自己中心的な考えでした。

なので、せっかく入った公立高校も楽しくないことを理由に1年で自主退学。
翌2年後、再入学するもまた1年で自主退学。
どうしようもない中途半端な人間でした。

毎日、気の合う仲間数人と楽しく遊べたらそれでいい、、
ただそれだけでした。
当時は、自分ルールの生活だったので思いっきり楽しんでましたけどね。

自動車免許を18歳で取得し、建設会社にバイトへ行くも中々続かず無断欠勤の日々。
たまたま友人に誘われ入社したのが運送会社19歳の春でした。

何をやっても長続きしなかった私が唯一楽しいと思い頑張れた仕事が運転手です。
トラックは乗用車とは違い、車高がとても高いです。
運転席から見える景色・車幅全てのスケールが大きく、私にはとても魅力的に感じ
トラックに乗るのが楽しいから仕事も楽しい。
と言った感覚でした。

節目となった成人式

私は成人式の1週間後、結婚式を挙げました。
正式には両親に援助してもらい親せきから大反対をされながら挙げさせていただきましたです。

その5カ月後、長女の愛娘が産まれました。
中途半端な自分がいきなり一家の大黒柱へ、、、

人生はどこで何が起きるかわかりません。
第一回目の人生が180°変わった節目です。

愛娘1歳の時、中途半端だった私にスイッチを入れてくれたある人の言葉があります。
「学歴は収入に比例する!」
「親の年収が子供の学歴を決める!」  です。

今の時代に当てはまるかは別にして、
当時の私にとっては何も言い返せない悔しさと、心の底からメラメラ燃え上がる
やる気スイッチが入ったのを覚えています。

世の中は学歴じゃねぇ!
こんな中途半端な俺でも必ず稼いで見返してやる!

それから毎日睡眠3時間のトラック野郎生活が始まっていきました。

働き方改革

一日は24時間です。
私の頭では、収入UP=労働時間を増やす、しか知りませんでした。

長距離運転手に限界を感じ、毎日定時に終わる建設会社に勤務。
昼は現場で働き、夜はお酒のあるお店でアルバイトをしていました。

人生二回目、私の分岐点となったのはそのお店である社長と偶然の出会いからです。

頑張ればなんとかなると思い、がむしゃらに働いてきましたが、
その方からの教えていただいたのは、お金を稼ぐ=ビジネスを学ぶこと!でした。

お金を稼げるか否かは4つのどこに属するのかで左右される
E=employee(従業員)
・S=self employee(自営業者)
・B=business owner(ビジネスオーナー)
・I=investor(投資家)
初めて聞いた言葉に衝撃を受けました。

私は好きか嫌いかで仕事を選択し狭い世界で生きました。
知識の範囲内で物事をすべて判断してきた為、無知であり全くの世間知らずでした。

人生は、間違いなく知識と経験で変わります。
そして一番大切なのは出逢いと働き方によって、、、

どにような働き方をするかにより、人生と年収は変わる。
それがわかった私は働き方改革をしよう!と決意しました。

悩むよりもアドバイスをいただいた社長にお世話になりながら
まずやってみよう!と
2000年フルコミ営業の未知なる世界へ飛び込む決意をしました。

転職と決断

未知なる世界へ飛び込む決意をしたとき、勇気と不安だらけでした。

私がフルコミ営業を選んだ理由は
・充実感の持てない日々を変えたい
・毎日の仕事をこなし今のままでは、ただ歳を重ねていくだけに感じていた
・理想と現実のギャップから夢を諦め、蓋をした人生から抜け出したい
・決められた枠の中で生きていくのは嫌だ 

このような想いが年々強くなり、新たな道へチャレンジすることにより
私の不足感を全て解決する手段になると確信したからです

そして、更に影響を受けたのが
「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる。」
私の背中を押してくれる大きな言葉となりました。 

昨日までの自分はどうでもいい、今日からの自分が大事であり
自分から逃げて失ったものは、後悔しか残らない!

自分にとっての大きな決断となりました。
今、振り返ってみると人は選択と決断によっていくらでも変われる!
という事です。

フルコミ営業

個人の才能・資質・可能性を開花させ、自分の力で稼ぐ!
フルコミ営業の醍醐味です

とても魅力的な仕事だと感じつつも、
営業の世界はそんなに甘いものではありません。

まして、完全歩合の出来高制。
未経験の職種であり、しかもノルマノルマの世界で
当然ですが全く上手くいきませんでした。

『毎日クタクタになるまで歩き回り正直疲れた、、』
労力だけがかかり時間だけが過ぎ、思うような成果も上がりません。

スタートした2年は特に、見込み客を探しとにかく契約をとる!
頭の中はこれ一色、体力と根性勝負で走っていました。

週2回は異業種交流会や朝活に出向き人脈作り。
そして仕事以外の時間は、営業関連の本を読みあさり
更には高額自己啓発教材を購入し考え方を学び
ありとあらゆる手段を使って早く結果をだすために必死でした。

私は、ノルマを達成することだけを考えて
営業として大切なお客様のニーズを聞き出し
悩み解決の最も良い提案をすることが全く出来ていませんでした。

心理セールス

『契約を取る仕事』から
『ありがとうの貯金を増やす仕事』へ、、

地道な毎日の積み重ねは、ある日形になり始めます。

変化が起きたのは2年後です。
仕事の導線が見え点から線へそして面へと変わってきました。

常に売り手視点で考え、いかに商品の魅力を伝えられるか
そればかりにとらわれ過ぎ肝心なお客様
視点(買い手)に立つ、、

全くできていませんでした

売り手視点=商品の魅力をいかに伝えられるかを重視・売り込みすぎる→買ってほしい×
買い手視点=ニーズを見つけ購入後の満足感をイメージしてもらう→売ってほしい〇

売り手側と買い手側の思考は全く違います!

『買ってほしい』ではなく、『売ってほしい』と言ってもらう。

商品に価値を感じるのではなく
その商品を購入することによって、満足を得たい。

お客様の心にフォーカスをあてることでニーズがより明確になっていきました。

その後私は、数千円~数十万、数百万の商品・通信系・不動産と
いくつかのフルコミ営業をやってきました。

数千円でも数十万数百万でも使う労力は同じです。

営業の本質であるお客様の顕在ニーズを把握できれば
何でも売れる!
『欲しいです』と言っていただけるということです。

想い

 

フルコミ営業を通して多くの人と出会い、学び、経験する事ができました。

そして何より人生を自分で選択できる。
好きな人と、好きな場所へ、好きな時間に、

時間と経済が整い心の余裕もできるようになり
色々な国へも行くことができるようになりました。
パリ ローマ ハワイ 香港 オーストラリア グアム カンボジア

世界にふれる機会ができ
さまざまな国へ行き改めて日本の文化と環境の良さを肌で感じました。

2000年もし、未知なる世界へ飛び込む決意をしていなかったら

このような経験は、出来なかった!
1歩踏み出せば、その先には全く違う世界が待っています。

できるか、出来ないか!ではなく
やるか、やらないか! であり

人生を振り返ったとき、
「もっと好きなことをしておけばよかった」
そんな後悔だけはしたくないものです。

決断の先延ばしには、後悔が待っているのです。

慣れない営業や、売上のプレッシャーから心が折れそうになる、、
何百回と経験させられました。

今月目標は立てたけど、結果が全く出てない、、

理想と現実のギャップから気持がどん底まで落ちる、、
それでも、やる!と「決断」することによってチャンスに変え、乗り越えてきた。

私の一番の原動力になったのは悔しさからでした。

心が折れそうになると、、
学歴は収入に比例する!」
「親の年収が子供の学歴を決める!」 といわれた言葉を思い出し、

親の都合で子供達に苦労は掛けられないと思い、
また、スタートラインに立つ。
その繰り返しの連続があったからこそ成果に繋がってきました。

できないことが、できるようになったときの充実感や達成感は、
壁を超えた人にしかわからない最高のご褒美だと思います。

フルコミ営業はとても厳しい世界ですが、
魅力はやればやったぶんだけコミッションとして返ってくるところです。

そして何より、人生を自分で選択できることだと思います

 

私はフルコミ営業を18年続けていますが、失敗・挫折・成功・様々な体験を
してきました。

なかなか上手くいかない、続ける自信がないと悩みをもっている
フルコミ営業の方の少しでもお役に立ちたいと思っています。

『あなたにしか できないことがある』

あなたを待っているお客様は必ずいます。